美味いもん屋 せいうち亭 シャトルシェフレシピ
みんなをビックリさせるごちそうを作ってみたい、でも難しそう・・・。なんて悩んでいませんか。せいうちシェフがシャトルシェフを使って楽チンなレシピを紹介します。

プロフィール

せいうちシェフ

Author:せいうちシェフ
アラフォー、♂、既婚、税理士、メタボ。
多忙な業務の中、美味しいものを作って、食べるのが生きがいです。
シャトルシェフという便利な器械を使って、楽チンに本格派の料理を作ります。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Ads by Google



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソーキそば

101231_173440.jpg

いよいよ今年も終わり、大晦日です。
年越しそばの季節ですが、由来は「細く長く」なので
沖縄そばでもOKでしょう。

と、いうわけでソーキそばです。(なんでやねん!)

理由は簡単、私が肉が好きなのと、普通の年越しそばでは
シャトルシェフの出番がないからです。
(オイ!)

材料(4人前)
豚ナンコツ
(なければスペアリブ) 500g
しょうゆ 1/2カップ
さとう  1/2カップ
泡盛   1カップ
(なければ日本酒)
みりん  1/2カップ
昆布   10cm×15cmほど
だし汁  5カップ

沖縄そば 4玉 
だし汁  2カップ
トンコツスープ 2カップ
かまぼこ 12切れ
紅生姜  適宜
ねぎ   適宜

作り方
ソーキ
1.豚ナンコツはお湯でゆでてから、取り出して洗う。
2.シャトルシェフにだし汁、調味料と肉を入れて沸騰させる。
3.沸騰したら10分加熱調理してアクをとる。
4.アクが取れたら保温調理し、ナンコツがやわらかくなるまで煮る。
  (4時間でもやわらかくなければ再度沸騰させ4時間保温調理する。)

そば
1.だし汁とトンコツスープを混ぜ合わせる。
2.かまぼことねぎは切っておく。
3.そばをゆでて、ゆであがったらスープをいれて具を盛り付けてできあがり。

ソーキを煮込むのに時間がかかりますが、絶品です。
もっと早く食べるなら市販のゆでた豚足を煮込めば
てびちそばになります。

今年一年、お世話になりました。
12月に始めたばかりのブログですが、無事年越しできそうです。

また来年も宜しくお願いいたします。

それでは皆様、よいお年を!!




スポンサーサイト

テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


カムジャタン

カムジャタン
カムジャとはじゃがいもを指します。
本来は肉の付いた豚の背骨を使いますが、
比較的手に入りやすいスペアリブで代用しました。
ピリ辛のとんこつスープがじゃがいもにしみ込んで
とても美味です。

ポイント
・骨付き肉を使い、スープを濃くしたほうが美味しい。
・好みでごま油を加えても美味しい。
・より本格的には肉のついた豚の背骨を使います。
・反則的に簡単な作り方があります。

本格派作り方

材料
豚スペアリブ 800g
じゃがいも  4個
ねぎ     1本
水      5カップ

たれ
しょうが   1かけ(おろす)
にんにく   1かけ(おろす)
コチュジャン 大さじ2
みそ     大さじ2
酒      大さじ2
砂糖     大さじ1
粉唐辛子   小さじ1
塩、コショウ

作り方
1.スペアリブは骨に沿って切り離し、塩、コショウする。
2.たれの材料を混ぜ合わせる。
3.じゃがいもは皮をむき、半分に切る。
4.ねぎは斜め切りにする。
5.シャトルシェフに水を入れて加熱し、スペアリブとねぎの青いところを入れる。
6.沸騰したら10分加熱調理しながらアクを取る。
7.アクがとれたら2時間保温調理する。
8.シャトルシェフを取り出し、じゃがいもとねぎを加えて5分加熱調理する。
9.たれを溶かし入れて1時間以上保温調理してできあがり。


反則的作り方

辛ラーメンの汁でつくるとこうなります。

材料
辛ラーメンの汁 
じゃがいも
スペアリブ

作り方
1.スペアリブは骨に沿って切り離し、塩、コショウする。
2.じゃがいもは皮をむき、半分に切る。
3.ねぎは斜め切りにする。
4.シャトルシェフに辛ラーメンの汁を入れて加熱し、
  スペアリブとねぎの青いところを入れる。
5.沸騰したら10分加熱調理しながらアクを取る。
6.アクがとれたらじゃがいもとねぎを入れて2時間以上保温調理して出来上がり。

反則的に簡単です。
ちなみに辛ラーメンの汁のかわりに、キムチ鍋の汁でもできます。





テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


鶏の水炊き

鶏の水炊き

博多名物、鶏の水炊きです。
スープには透明なものと白濁したものの2タイプありますが、お好みで選んでください。
本来時間と手間が相当かかるのですが
シャトルシェフならやはり簡単で、しかも鶏肉がホロホロとした食感になります。

ポイント
・ホロホロの食感にするために、だしにつけて置いておく。
・つくねはしっかりこねてプリプリの食感にする。

材料
骨付き鶏モモ肉(ぶつ切り) 1kg
ねぎ 1本
キャベツ 5枚
にら   1束
豆腐   1丁
えのき  1パック
しょうが 2かけ
鶏がらスープ 1リットル
つくね
鶏ひき肉 200g
鶏ナンコツ 100g
片栗粉 大さじ1
塩、コショウ  適宜

作り方
1.野菜と豆腐は食べやすい大きさに切る。
2.つくねはナンコツをフードプロセッサーでみじん切りにして
(なければ包丁で)、材料を全て混ぜ合わせてしっかりこねる。
3.シャトルシェフに鶏がらスープ、鶏肉、しょうが、
ねぎの青いところを入れ、火にかける。
4.沸騰したら10分加熱調理して、アクをしっかりとる。
5.アクが取れたら1時間保温調理する。
6.土鍋に移して野菜とつくねを入れて煮ながら食べる。

なお、鶏肉の食感がプリプリしたのがお好きな方は
3以降を次のようにします。

3.シャトルシェフに鶏がらスープ、ねぎ、しょうがを入れて
  沸騰させる。
4.鶏肉を入れて10分間保温調理する。
5.土鍋に移して鶏肉を食べてから野菜とつくねを入れて煮ながら食べる。


テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


鶏がらスープ

基本の鶏がらスープです。
何にでも使えます。
時間のあるときはぜひチャレンジしてください。
シャトルシェフならほったらかしで本格鶏がらスープ。
2タイプの作り方を紹介します。

忙しいときはスープの素で代用しても全く問題ありません。
私は「味覇」という半練り状のスープをよく使っています。

材料(2リットル分)

鶏がら 2羽分
ねぎ(青いところ) 1本分
しょうが 2かけ

作り方
1.シャトルシェフに水と鶏がら、ねぎ、しょうがを入れて沸騰させる。
  アクが出るのでこまめにとる
2.沸騰したら火を弱めて、アクをとりながら10分加熱調理する。
3.アクが大体とれたら3時間以上保温調理する。

この時点でざるでこすと澄んだスープの出来上がり。
なお、白濁したスープを作るには続きで以下のようにすればできます。

4.鶏がらを取り出してビニール袋に入れて、金づちやビール瓶などで砕く。
5.強火で2時間以上ぐらぐらと煮立てる。
6.アクをとりながら水が減ってきたら足して煮る。
7.スープが白濁してきたら、ざるでこして出来上がり。




テーマ: お鍋 スープ 味噌汁など - ジャンル:グルメ


スパゲッティ ペスカトーレ(Spagetthi alla pescatora)

スパゲッティ ペスカトーレ
トマトソースのパスタ第二弾です。
ペスカトーレとは漁師の意味で、もともとは売れない魚を
とりあえずトマト煮にしたという漁師料理が出発点になっています。
使う魚介類はなんでも良いので、お好みでお使いください。

ポイント
・魚介類に火を通しすぎないようにする。
・魚介類は種類が多いほうが美味しい。
・好みでパセリを振る。チーズは合わない。

材料(4人分)
トマトソース 2カップ
ムール貝   12個
えび(有頭) 8尾 
いか     1ぱい
チェリートマト 8個
白ワイン   1/2 カップ
オリーブオイル 適宜
塩、コショウ 適宜
スパゲッティ 320g

作り方
1.えびは胴体の殻と足を取り、背ワタをとる。
2.いかは筒切りにして、ムール貝は洗って足糸を抜く。
3.チェリートマトはヘタをとる。
4.オリーブオイルをフライパンに入れ、魚介類とトマトを炒める。
5.白ワインを加え、ふたをして蒸す。
6.ムール貝の口が開いたら魚介類とトマトを取り出し、残った汁を漉す。
7.鍋に湯を沸かしスパゲッティをゆでる。
8.スパゲッティをゆでている間に、フライパンに5の汁と
  トマト、トマトソースを入れ加熱する。
9.8に魚介類を戻して塩、コショウで味を調えて、温める。
10.スパゲッティがゆであがったら9と混ぜ合わせて出来上がり。



テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


ノルマ風スパゲッティ(Spagetthi alla norma)

スパゲッティ ノルマ
ノルマとはシチリアの作曲家ベッリーニのオペラに由来しており、
シチリアを代表するパスタです。
シチリア名産のトマトとなすを組み合わせたこのパスタに、
シチリアを代表する作曲家であるベッリーニの最高傑作の名を冠した
このパスタは、まさにシチリアのパスタの最高傑作と言えます。
トマトソースがあれば簡単に作れます。

ポイント
・なすはこんがり揚げて、油分をよくきっておく。
・とにかく熱いうちに食べる。

材料(4人分)
トマトソース 2カップ
なす   4個
モッツアレラチーズ 100g
スパゲッティ 320g

作り方
1.なすとモッツアレラチーズを一口大に切っておく。
2.多目のオリーブオイルをフライパンに入れ、180℃でなすを揚げる。
3.なすが揚がったら油分をきっておく。
4.鍋に湯を沸かして、塩を加えスパゲッティをゆでる。
5.フライパンになすとトマトソースを入れ火にかける。
6.スパゲッティがゆであがる直前に5にモッツアレラチーズを加えて火を通す。
7.スパゲッティと6を絡めて出来上がり。

とにかくモッツアレラが糸を引いている間に食べましょう。


テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


トマトソース

トマトソース

イタリア料理の基本中の基本、トマトソースです。
作り置きがきくので、ぜひ多めに作りましょう。

ポイント
・トマトは缶の中で種をとっておいて、実を取り出してからざるでこすと
 種だけがきれいに取れます。
・野菜は焦げ付かせず水分を飛ばすように弱火でじっくり炒めます。

材料
トマト(水煮) 大1缶(約2kg)
たまねぎ 1個
にんじん 1/2本
セロリ  1本
にんにく 1かけ
オレガノ 1枝
タイム  1枝
ローズマリー 1枝
オリーブオイル 適宜
塩、コショウ 適宜

作り方
1.たまねぎ、にんじん、セロリは薄切りに、にんにくはみじん切りにする。
2.ホールトマトは種を取っておく。
3.フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れ香りが立つまで炒める。
4.1の残りの野菜を全て加えて炒める。
5.野菜がしんなりしてきたらシャトルシェフに移しトマトを加え、加熱する。
6.沸騰したら弱火にして塩、コショウを加え10分加熱調理して煮詰める。
7.20分保温調理してからミキサーにかける。

テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


牛肉の赤ワイン煮 (Boeuf Bourguignon)

ブフブルギニオン2
クリスマスにぴったりの、豪華なごちそうです。
しかし作り方は超簡単。まさに簡単なのに
ごちそうに見える料理の決定版です。

しかも作り置きがきくので、お客様を招くのに最適です。

肉とワインを長時間一緒にすることで、これらが非常になじみますが
この調和を称してマリアージュ(結婚)といいます。
ぜひ牛肉と赤ワインの見事なマリアージュをお楽しみください。

ポイント
・1日ワインにつけることによってワインと肉がなじむ。
・ワインは高価なものでなくてよいが、ボディの強いものを選ぶ。
・牛肉はうまみを逃がさないようにしっかりと焼き目をつける。

材料
牛バラ肉 1kg
赤ワイン 1本
たまねぎ 1個
にんじん 1本
セロリ  2本
香草(ローリエ、タイム、ローズマリー、パセリ)
ブイヨン 2カップ
小麦粉  適宜

作り方
1.たまねぎ、にんじん、セロリは適当な大きさに切る。
2.牛バラ肉は塩、コショウをして、1の野菜、香草とともにボウルに入れ
  赤ワインをひたひたに注いで、1日寝かせる。
3.牛バラ肉、野菜を取り出し、赤ワインと分ける
4.牛バラ肉は油をひいたフライパンで濃い目の焼き色がつくまで炒める
5.牛バラ肉を炒めたら、シャトルシェフに移し、残った油で野菜を炒める。
6.野菜に火が通ったらシャトルシェフに移し、3の赤ワインを注ぐ
7.さらに材料がひたひたになるまで赤ワインを注ぎ、ブイヨンを入れ
  沸騰させ、沸騰したら10分保温調理する。
8.4時間保温調理し、4時間たったら再度過熱し4時間以上保温調理する。
9.8を牛バラ肉がやわらかくなるまで繰り返す。
10.牛バラ肉がやわらかくなったら取り出し、残った野菜と汁をミキサーにかける。
11.10を煮詰めて3分の2くらいになったら牛バラ肉を戻し、牛バラ肉が温かくなるまで加熱する。

テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


ミートソースのスパゲッティ (Spaghetti al Ragù bolognese)

スパゲッティ ミートソース
いわゆるミートソースですが、正式にはラグーボロネーゼ
(ボローニャ風肉の煮込み)といいます。

日本だとトマトソースの中にひき肉がアリバイ程度に入っているものも
ありますが、本来はビーフシチューのような肉の煮込みです。

したがって本来なら手間のかかるものなのですが、例によって
シャトルシェフなら手間いらずです。

ポイント
・鶏レバーを使い味を濃厚にします。
・ひき肉はカリカリになるまで炒めます。
・しいたけはポルチーニの代わりですがあればポルチーニが美味しい。
・パスタをゆでるお湯にミネラルウォーター(硬水)
 を加えるとよりアルデンテになる。

材料
ミートソース
 ひき肉(合びき) 250g
 玉ねぎ      1/2個  
 にんじん     1/2本
 セロリ      1本
 生しいたけ    3個
 鶏レバー     30g
 トマト(水煮)  1/2缶
 にんにく     1かけ
 オレガノ     1枝
 タイム      1枝
 ローレル     1枚
 オリーブオイル  適宜
 ブイヨン     1カップ

スパゲッティ


作り方
1.玉ねぎ、にんじん、セロリ、にんにく、しいたけ、鶏レバーをみじん切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、香りが立つまで炒める。
3.ひき肉を入れてカリカリになるまで炒める。
4.鶏レバーを入れてぽろぽろになるまで炒める。
5.いったん肉を取り出して残った油で野菜を炒める。
6.玉ねぎが透き通ったら、肉を戻してトマトを加えて炒める。
7.6をシャトルシェフに入れてブイヨン、香草を加えて煮込む。
8.沸騰したら10分加熱調理してアクを取る。
9.アクが取れたら40分以上保温調理する。
10.鍋に湯を沸かして塩を加える。
11.スパゲッティをアルデンテにゆで、ミートソースとあえる。

なお、より本格的にはタリアテッレという手打ちパスタを使うと
なお美味しいです。

タリアテッレ ボロネーゼ




テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


豚汁

豚汁
寒い時期にあったかな豚汁。
野菜がいっぱいでホッとするこの味。
でもこれもシャトルシェフならすぐにできます。

材料

豚肉(こま切れ)  150g
大根        200g
ごぼう       1本
にんじん      1/2本 
こんにゃく     1枚
ねぎ        1本
日本酒       大さじ1
だし        6カップ
みそ        100g

ポイント
・ごぼうの皮はむかない。
・みそは好みのものを使う。お玉でだしを取って溶かしながら加える。
・日本酒とねぎで臭みが消える。

作り方
1.ごぼうは斜め薄切り、大根、にんじんはいちょう切り、ねぎはみじん切りにする。
2.こんにゃくは手で一口サイズにちぎり、熱湯で30秒ほどゆでる。
3.シャトルシェフにだしとねぎ以外のやさい、こんにゃくを入れて煮立てる。
4.沸騰したら豚肉10分加熱調理しアクをとる。
5.アクが取れたら日本酒を加えアルコールを飛ばす。
6.火を止めてみそを溶かし、ねぎを加えて30分以上保温調理する。

テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


佛跳牆 (仏跳スープ)

佛跳牆

あまりのおいしさに、修行僧が垣根を越えて跳んでくるとか
仏像が動いてくるとか、仏様が跳んでくるというスープです。
ほとんどが乾物なので脂肪分があまりなく、
いわば中華版コンソメスープともいえるでしょう。
本来は乾物をもどして、それを壷にいれて長時間蒸すのですが、
ここではシャトルシェフを使ってものすごく簡単な調理法にしています。
俗称仏跳スープ(ぶっとびスープ)ともいいます。
材料はご予算に応じて好きなものを入れてください。

ポイント
・ふかひれは一番上にのせる。
・時間をかけてじっくりとうまみを引き出す

材料(今回つかったもの)
干し貝柱
ふかひれ
干しえび
中華ハム
干ししいたけ
干しなつめ
鶏胸肉
上湯

作り方
1.鶏胸肉と日本酒をシリコンスチーマーに入れてレンジで3分加熱する。
2.すべての材料をシャトルシェフに入れ、上湯を注いで沸騰させる。
3.沸騰したら5分加熱調理した後、3時間以上保温調理する。
4.好みに応じて、紹興酒、オイスターソース、黒酢などで味付けする。
(もちろん何も入れなくてもよい)


テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


ひき肉のレタス包み(肉末生菜包)

肉末生菜包

レタスのパリパリ感とオイスターソースのうまみが絶妙です。
中国は基本的に生野菜を食べる習慣がありませんが、最近になって
こういう料理も出るようになってきました。
なお、これは直接シャトルシェフは使いませんが、先ほどの上湯スープを取る際の
ひき肉を有効利用できます。

ポイント
・レタスは氷水に放ってパリパリにする。
・スープを取ったひき肉でも美味しくできるので経済的

材料
豚ひき肉 250g
たけのこ  75g
しいたけ  75g
ねぎ       小さじ1
しょうが     小さじ1
にんにく     1かけ

オイスターソース 大さじ3
しょうゆ     大さじ1
ごま油      大さじ1
酒        大さじ1
ラー油      小さじ1

レタス 250g

作り方
1.レタスは葉っぱを1枚1枚ばらばらにして、氷水に放っておく。
2.Aの調味料を混ぜ合わせておく。
3.中華なべに油を引いてねぎ、しょうが、にんにくを炒める。
4.香りが立ったら豚ひき肉、たけのこ、しいたけを加えて炒める
5.Aを加えてさらに炒めて、水分がある程度飛んだらできあがり。


テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


上湯スープ

普通の鶏がらスープとは一味違う上級スープです。
しかし、作り方はいたって簡単です。
これがあれば、ふかひれスープが作れます。
また調味料として、料理に一味加えるという使い方もあります。
もちろんそのまま飲んでもOK。

材料(約3リットル分)

中華ハム     200g
豚ひき肉(赤身) 500g
老鶏       1/2羽
ねぎ(青い部分) 1本分
しょうが     2かけ
鶏がらスープ   3リットル

作り方
1.シャトルシェフに水を入れ、老鶏をゆでて、沸騰したら水を捨てる
2.シャトルシェフに鶏がらスープ、老鶏、中華ハム、豚ひき肉、ねぎ、しょうがを入れ沸騰させる。
3.沸騰したら10分加熱調理し、アクを取る。
4.アクが取れたら、4時間保温調理する。
5.4時間たったら再加熱して4時間保温調理する。

ちなみに、鶏と豚ひき肉はもったいないので他の料理に使いまわします。

鶏→スープカレーなど
ひき肉 → 麻婆豆腐やレタス包みなど

ご家庭で作るときも、無駄にならずに経済的です。








テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


スープカレー

スープカレー

北海道名物、スープカレーです。
札幌においしいスープカレー屋さんがあって
何とか自宅でそれっぽく、手軽にできないものかと思い作ってみました。

ポイント
・分量が書いてますが、気にしません。好きなものを好きなだけ適当に。
・辛さはカレー粉の量で適当にあわせてください。私はとても辛いのを使いました。

材料(4人前)
とんこつスープの素 大さじ1
鶏がらスープの素  大さじ1/2
だしの素      小さじ2
鶏モモ肉(骨付き)4本
じゃがいも 2個
にんじん 1/2 本
キャベツ 2枚
たまねぎ 2個
カレー粉 大さじ4
レモン汁 適宜
卵    4個
水    6カップ

つくり方
1.シャトルシェフに水を入れて沸騰させる。
2.たまねぎはみじん切りにして炒めておく、
3.鶏モモ肉はフライパンで両面を焼いておく
4.1が沸騰したら、スープの素各種を入れて溶かし、3の肉を入れる。
5.20分保温調理する(ここでご飯を炊く)
6.4.に適当にきった野菜とカレー粉を入れて火にかける
7.30分以上保温調理する
8.出来上がりそうになったら目玉焼きを焼いてご飯をもった皿の上にのせる
9.スープカレーを別の器にもってレモン汁を加えて出来上がり。

なお、さらに簡単な作り方としては、要するにとんこつラーメンの汁がベースなので
インスタントのラーメンを食べたときに汁を漉して残しておけば再利用ができてとてもお得。

テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


トムヤムクン(Tom yum goong)

トムヤムクン

世界三大スープのうちの一つ。クンはエビを指しますので具が変われば名前が変わります。
例えば鶏肉ならトムヤムガイ、シーフードならトムヤムタレーとなります。
はまれば病みつきになります。本格派バージョンと簡単バージョンの2種類のレシピを紹介します。

ポイント
・エビの殻は捨てずに、ガピ(えびみそ)と一緒に炒めることで、エビの味を最大限に引き出す。
・香りが命。できればフレッシュハーブがベストだがなるべく香草を手に入れる。
・タイにしかない調味料が多数出ますが、
 適当に作っても味は成立します。恐れずに無いものは無いと割り切りましょう。

材料
有頭エビ 8尾
フクロダケ 12個
香草(レモングラス1本、カー3かけ、バイマックルー4枚)
プリッキーヌ 2本
ガピ(えびみそ)小さじ1
ナンプリックパオ 大さじ1
ナンプラー 適宜
レモン汁  適宜
鶏がらスープ 4カップ
サラダ油 大さじ1

作り方
1.エビは頭と身を分けて、身のほうの殻をむき背ワタを取る。
2.フクロダケは半分に切る。
3.中華なべにサラダ油を入れてエビの殻とプリッキーヌを炒める。
4.殻が十分揚がった感じになれば、取り出して捨てる。
5.4の油にガピ(えびみそ)、ナムプリックパオとエビの頭を入れて炒める。
6.鶏がらスープを加えてシャトルシェフに移し、フクロダケを加える。
7.5分間加熱調理してアクを取り、エビの身を加えて10分間保温調理をする。
8.仕上げにレモン汁、ナムプラーで味を調える。

「こんなメンドイのやってられん!!」
なんて方には、便利なものがあります。
その名も「トムヤムペースト」
さっきの香草類が全部入って、要するにインスタントトムヤムクン。

ちなみにトムヤムクンの素を使った、超手抜きバージョン
材料
エビ 8尾
エリンギ 1/2パック
トムヤムペースト 小さじ1
鶏がらスープ 4カップ
レモン汁 適宜

作り方
1.エビは殻をむいて、背ワタをとり、エリンギは適当な大きさに切る。
2.シャトルシェフに鶏がらスープを沸かして、トムヤムペースト、エリンギを加える。
3.5分間加熱調理し、エビを加えて10分間保温調理する。
4.仕上げにレモン汁をかける。

あー。あほみたい。簡単すぎる。

お好みでパクチーも入れてください。
なお、最初のレシピのタイの調味料は、輸入食材の店などに売ってます。
無ければ無いで、適当に作っても成立してしまう、懐の深いスープです。





テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


砂肝のコンフィ(Gesier Confit)

砂肝のコンフィ

砂肝のコンフィ

コンフィとは油煮のことで、塩漬けの肉類を低温の油(80℃~100℃)で
じっくりと火を通したフランスの保存食です。
食べるときはこれをカリッとフライパンで焼いて食べます。
本来、油を低温にキープしないといけないのでとても面倒なのですが、
シャトルシェフで作るとあまりにも簡単なので拍子抜けします。
油につけたままだとかなり長持ちするので、不意の来客やおかずに困ったときにぴったりです。
それ以前にあまりにおいしいので、すぐなくなってしまいますが・・・。

材料
砂肝
油(サラダ油、オリーブ油など)
塩、コショウ
香草(ローズマリー、ローレル、タイム、セージなど)

作り方
1.砂肝は半分に切って、塩、コショウをまぶして1時間以上放置します。(できれば1日)
2.1と香草をシャトルシェフに入れて、油をひたひたに注ぎます。
3.調理鍋を火にかけ、水分が蒸発して泡がでてくれば(約80℃~100℃)弱火にして5分加熱調理します。
4.その後2時間以上保温調理します。
5.食べるときは油をきって、フライパンで表面がカリッとするまで焼きます。
6.サラダのように野菜と一緒にドレッシングをかけて食べます。
(もちろんそのまま食べてもおいしいです)

砂肝はスジを取って料理すると書いてあることが多いですが
結構やわらかくなるので、私はあえて取っていません。
スジもアクセントとして味わい深いと思いますよ。


テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


おでん

おでん

これもシャトルシェフがあれば、楽勝のメニューです。
一見めんどくさく見えますが、実はシャトルシェフが勝手に作るので
手間自体はそんなにかかりません。
前日から仕込んでおくと、一番効率がいいと思います。
ポイントはとにかく大根。
時間はかかりますが、絶品になります。

材料
長時間煮る具(お好みで)
・大根
・こんにゃく
・卵
・牛スジ串
・厚揚げ
・ちくわぶ etc
短時間煮る具(お好みで)
・練り物(ちくわ、さつまあげ、ごぼう天など)
・もち巾着
・いいだこ
・はんぺん
・ウインナー
・ロールキャベツ etc
ガラスープの素(あれば鶏ガラスープ)
白だしの素(あればかつおだし)
米のとぎ汁
塩、薄口しょうゆ、酒


作り方
1. 大根は筒切りにして、皮をむきます。こんにゃくは適当な大きさに切ります。
2. シャトルシェフに米のとぎ汁を入れ、大根、こんにゃく、卵を入れ沸騰させます。
3. 沸騰したら5分加熱調理して、こんにゃくを取り除き、20分保温調理します。
4. こんにゃくは水洗いします。
5. 保温調理が終わったら、大根を水洗いし、卵の殻をむきます。
6. シャトルシェフにガラスープ、白だし、水を入れておでんのだしをつくります。
7. 塩、薄口しょうゆ、酒を加え沸騰させます。
8. 沸騰したら大根、こんにゃく、卵、牛スジ串などの長時間煮る具を加えて
   10分加熱調理します。
9. 3時間以上保温調理し、自然に冷まします。
10.9を加熱し、沸騰したら短時間煮る具を加えて10分加熱調理してできあがり。

1~9までを前日に仕込んでおけば、10はいつでもOKです。
この過程で作ると、大根に完全に味がしみ込んで、はしで切れるほど
やわらかくなるのに煮崩れしないという、理想のおでんになります。

逆に練り物などは煮込みすぎるとクタクタになって味も抜けて美味しくないので
直前に加えたほうが良いと思います。


テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


ポトフ (pot-au-feu)

ポトフ
まさにシャトルシェフのためにあるようなメニューです。
本来はpot-au-feu つまり「鍋と火」という意味で、
鍋をずっと火にかけることでできるものですが、
シャトルシェフならそんな手間も危険もありません。

肉、野菜はお好みのものを組み合わせてOKです。
バリエーションは無限に広がります。

肉・・・牛モモ肉、牛バラ肉、牛スネ肉、豚バラ肉、豚カタロース肉、鶏モモ肉、
  鶏手羽元、ベーコン、ソーセージ、コンビーフなど
野菜・・・じゃがいも、にんじん、キャベツ、たまねぎ、ねぎ(下仁田ねぎがいい)、
  かぶ、大根、セロリ、ごぼう、さといも、白菜、きのこ、ブロッコリーなど

ポイント
・いったん冷ましてから改めて火をいれると味がしみこむ
・手間はかからないが時間は必要
・硬度の高いミネラルウォーターを使うことで、素材の味が流れず
 スカスカにならない

材料(今回使ったもの)
豚スペアリブ
ソーセージ
かぶ
にんじん
じゃがいも
たまねぎ
キャベツ
ブロッコリー
固形スープの素
ミネラルウォーター(硬度の高いもの)

コショウ
香草(ローリエ、タイム、ローズマリー)

作り方

1.豚スペアリブは塩をすり込んでしばらく置く
2.野菜を大きめにカットする
3.シャトルシェフにミネラルウォーターを入れ豚スペアリブ、かぶを入れ沸騰させる
4.沸騰したら残りの野菜を入れて再度沸騰後、保温調理をする
5.いったん鍋を取り出し、自然に冷ます
6.再び火にかけて沸騰したらソーセージを入れ保温調理する
7.塩、コショウで味を調える

テーマ: お鍋 スープ 味噌汁など - ジャンル:グルメ


トリッパの煮込み ローマ風 (Trippa alla Romana)

トリッパの煮込み

トリッパとは牛の胃袋を指しますが、主にハチノス(第2胃)を用います。
イタリア版モツ煮込みといえばよいでしょうか。
内臓料理全般に言えますが、とにかく根気よく丁寧に下処理をしてください。
さもないと、とても食べられない代物になってしまいます。

ポイント
・とにかく臭みを抜くために、何度もゆでこぼす。

材料
ハチノス     500g
トマト(水煮)  1缶
たまねぎ     1個
にんじん     1/2本
セロリ      1本
にんにく     1かけ
トウガラシ    1本
チキンブイヨン  1カップ
赤ワイン     1カップ
粉チーズ     適宜

下ゆで用

ローズマリー   1枝
セージ      2~3枚
タイム      2~3枝
ローリエ     1枚
クローブ     1粒
にんじんの皮
たまねぎの皮
セロリの葉

作り方
1. 鍋にハチノスと水と酢を入れ、沸騰したらお湯を捨てます。
2. 1を何度か繰り返してから、シャトルシェフに水、酢、セロリの葉、にんじんの皮、
   たまねぎの皮、ローズマリー、セージ、タイム、ローリエ、クローブを入れてから
   沸騰させ、10分加熱調理します。
3. 保温容器に移し、4時間保温調理します。
   もしハチノスが固ければ再度加熱し、
   ハチノスがやわらかくなるまで保温調理します。
4. たまねぎ、セロリ、にんじん、にんにくをみじん切りにしておきます。
5. フライパンににんにく、唐辛子、オリーブオイルを入れて
   香りが立ったら4を加えて炒めます。
6. たまねぎが透き通ってきたらトマト缶詰を加えます。
7. 少し水分が飛んだら赤ワイン、チキンブイヨンを加えます。
8. シャトルシェフからハチノスを取り出して、
   中のゆで汁を捨てて7を入れます。
9. ハチノスは食べやすい大きさに切ります。
10.シャトルシェフにハチノスを加えて沸騰させ、
   5分加熱調理のあと3時間以上保温調理します。
11.皿に盛って、粉チーズをふってできあがりです。

やたら時間がかかりますが、それをするだけの価値があるおいしさです。
酢、トウガラシで内臓特有のくさみを消しています。

テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


回鍋肉

回肉鍋
ゆで豚応用第二弾です。
日本では豚肉とキャベツのみそ炒めと思われていますが、
正確にはゆでた肉をもう一度炒めることから肉が鍋を回るので回鍋肉といいます。
したがって薄切り肉ではなく固まりを使いますし、
野菜はキャベツに限らずなんでもよいようです。
(本場ではにんにくの芽を使うようです)

ポイント
・肉の厚さは好みで。表面をカリッと焼いて油を出す。
・キャベツ、ピーマン、ねぎは短時間で火が通るように本来はあらかじめ油通ししますが、
 ここではレンジで蒸すやり方を紹介します。
・中華なべに入れたら強火で一気に仕上げる。

ゆで豚  100g
キャベツ 180g
ピーマン 15g
ねぎ 
しょうが
にんにく
豆板醤
甜麺醤

スープ
砂糖

作り方
1.ゆで豚を薄切りにする。ピーマンは乱切り、キャベツは一口大にちぎる。
2.シリコンスチーマー(なければラップでくるむ)に野菜をいれて1分強火で加熱する。
  (油通しができるならそちらで。)
3.ゆで豚を弱火で油をだすようにじっくり炒める。
4.豚肉の表面がカリッとしたら肉を取り出す。
5.残った油ににんにく、しょうが、ねぎのみじん切りを入れて炒める。
6.香りが立ったら豆板醤を入れて炒め、甜麺醤を加える。
7.酒、しょうゆ、砂糖、スープを加え煮詰める。
8.豚肉、野菜を加えて一気に炒める。


テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


雲白肉

雲白肉

ゆで豚を使った前菜です。雲白肉の名のとおり、雲のようにやわらかくふわっと舌でとろけます。
そのためには、とにかく薄く切ることが大事。あと肉を温めるのは脂肪分を舌の上で溶けやすし、うまみを口じゅうに広げるためです。

ポイント 
・とにかく肉は薄く切る
・肉の部位はどこでもよいが、脂身がったほうがよい
・たれは好みに応じて(酢を多くしても、辛くしてもOK)

材料

ゆで豚 300g
きゅうり 1本

たれ A
ねぎ(みじん切り) 小さじ1
しょうが      小さじ1
しょうゆ      大さじ2
酒         大さじ1
黒酢        小さじ2
ポン酢       小さじ1
ラー油       小さじ1
食べるラー油    大さじ1

作り方

1. ゆで豚をできるだけ薄切りにする
2. きゅうりを縦に薄切りにする(ピーラーでやると簡単)
3. Aの材料を混ぜ合わせてタレを作る
4. 肉を電子レンジの強火で1分温めてからきゅうりをのせ、3のタレをかける

テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


ゆで豚(白片肉)

ゆで豚

いろいろな料理の基本になるゆで豚です。
ラーメン、チャーハンなどチャーシューの代わりにも使えます。
どの部位でもよいですが、東坡肉だけは豚バラ肉で作ってください。
作り置きがきくので重宝します。

材料
豚肉(ブロック) 約1kg
ねぎ(青いところ) 1本
しょうが 1かけ
八角 1個

作り方
1. シャトルシェフに水、ねぎの青いところ、叩き潰したしょうが、八角を入れ沸騰させる。
2. 沸騰したら豚バラ肉を入れて再び沸騰したら保温する。
3. 約40分で引き上げて自然に冷ましてできあがり。

テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


ビーフカレーを作ってみましょう

それでは、実際にシャトルシェフを使ってビーフカレーを作ってみましょう。

材料

牛肉(バラ)   200g
たまねぎ     2個
にんじん     1本
じゃがいも    2個
市販のカレールー 100g
ローリエ     1枚
水        700ml


作り方
1.牛肉、たまねぎ、にんじん、じゃがいもは皮をむいて一口大に切ります。
1



2.フライパンにサラダ油を入れて牛肉を焼き色がつくまで炒めます。
2


3.たまねぎを炒めて、透き通ったらにんじんを炒めて、調理鍋に移します。

3


4.水を加えて加熱します。沸騰したらじゃがいもを加えて5分加熱しアクをとります。(加熱調理5分)

4

5.アクがある程度取れたら、カレールーを割って加えて溶かし、5分加熱します。(加熱調理5分)


5

6.調理鍋にふたをして保温容器に移します。


6

7.保温容器のふたをして30分以上放置します。(保温調理30分以上)


7

8.できあがり
カレー10


いかがですか、実質調理時間30分以内。
あとは鍋が勝手に作ってくれます。

朝、出かける前に作っておけば、帰ってきたら即カレーです。

私の生活パターンでは、夜仕込んでおいて、寝てる間にカレーです。
朝、保温容器から取り出して自然に冷ましておいて、
帰ってきてから再び温めれば、1日寝かせたカレーが簡単に作れます。

家に帰ってからは調理鍋を火にかけて、再び保温調理している間に
ごはんを炊いてサラダをつくれば、もう晩ごはん。

空いた時間は、他の家事やTVや趣味など好きなことに使ってください。


テーマ:レシピ - ジャンル:グルメ


シャトルシェフの使い方

ここで、シャトルシェフの基本的な使い方を紹介します。

基本的にシャトルシェフは直接火にかける調理鍋と、それを保温する保温容器でできています。

1.まず調理鍋に材料と煮汁を入れて火にかけます。

2.沸騰したら弱火(または中火)にします。

・この沸騰後火にかける時間を加熱調理時間といいます。

3.加熱調理時間が終わったら火を止めて保温容器に移してふたをします。

・この保温容器に入れて調理している時間を保温調理時間といいます。
 なお、「保温時間○○分以上」のときは○○分より長く加熱しても大丈夫です。
 ただし「保温時間○○分」のときは、長く加熱してはいけないので即取り出してください。

次にシャトルシェフを扱う上での注意点を書きます

1.絶対に保温容器を火にかけない!

・溶けて全て壊れます

2.煮汁は材料がかぶるぐらいの多さで

・少ないとうまく調理できません

3.材料を炒めるときは、できれば他のフライパンなどで

・直接調理鍋で炒めると結構焦げ付きます

4.味付けは完成型を想定して

・煮汁が煮つまらないので、出来上がりの味の濃さで丁度です。
(直火で煮詰めるときは別です。)

5.なるべくふたを途中で開けない

・熱が逃げて冷めてしまいます

6.長時間加熱するときは再加熱を

・8時間以上加熱すると冷めてきます。
 そのときは再加熱するか、いったん冷まして冷蔵庫などに入れて下さい。
 くれぐれもそのまま保温容器のなかで放置しないで下さい。
 確実に腐ってしまいます。



シャトルシェフの特徴

シャトルシェフがどう便利なのか。

それは以下のような特徴があるからです。

1.火にかけなくても料理ができる

最大のポイント。まずほったらかしでも、勝手に料理ができます。
例えば長時間煮込まないといけない料理でも、夜に作って寝れば、起きたらできています。
これを普通の鍋でやると、もう徹夜です。

しかも安全、ガス代もかからないといいことづくめです。

2.煮崩れしない

調理技法ではとても重要です。
やさしく火が入るので、煮崩れしません。
素材の味が逃げず、味がよくしみ込みます。

なお、煮崩れさせたいときは直火で調理します。


3.水分が蒸発しない

密封して蒸気が逃げないので、焦げ付きません。
長時間蒸すような料理でも簡単に作れてしまいます。

逆に煮詰めるときは直火に掛けて煮詰めます。

4.温度が長時間一定に保てる

これは料理が冷めにくいので、時間がたっても温かく食べられることだけでなく
テンパリングや温泉卵など温度管理の難しい料理も簡単に作ることができます。

これだけの機能があるので、これを生かしたレシピを紹介していきます。



シャトルシェフ

それでは、便利道具その1「シャトルシェフ」です。

これは有名な鍋なのですが、よく「使い方がよくわからない」という方がいて
「結局、ほったらかしになった。」と聞きます。

声を大にして言います。

「もったいない!!!」

こんな便利な道具はないと思います。

これがいかに便利か、じっくりと説明していきます。

いらっしゃいませ

いらっしゃいませ。
ようこそせいうち亭へ。
ここ、せいうち亭では食い道楽のせいうちシェフが
今まで作ってきて美味しかったレシピを紹介します。

せいうちシェフは、手がヒレなので包丁がうまくありません。
また、めんどくさがりなので、例えば玉ねぎをいため続けるとかできません。

しかし、めんどくさがりで不器用なせいうちシェフがなぜか美味しい料理を作れてしまいます。

その秘密は、ちょっとした工夫と便利道具のおかげです。

それではこれから、便利道具たちを紹介していきます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。