美味いもん屋 せいうち亭 シャトルシェフレシピ
みんなをビックリさせるごちそうを作ってみたい、でも難しそう・・・。なんて悩んでいませんか。せいうちシェフがシャトルシェフを使って楽チンなレシピを紹介します。

プロフィール

せいうちシェフ

Author:せいうちシェフ
アラフォー、♂、既婚、税理士、メタボ。
多忙な業務の中、美味しいものを作って、食べるのが生きがいです。
シャトルシェフという便利な器械を使って、楽チンに本格派の料理を作ります。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Ads by Google



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シャトルシェフの使い方

ここで、シャトルシェフの基本的な使い方を紹介します。

基本的にシャトルシェフは直接火にかける調理鍋と、それを保温する保温容器でできています。

1.まず調理鍋に材料と煮汁を入れて火にかけます。

2.沸騰したら弱火(または中火)にします。

・この沸騰後火にかける時間を加熱調理時間といいます。

3.加熱調理時間が終わったら火を止めて保温容器に移してふたをします。

・この保温容器に入れて調理している時間を保温調理時間といいます。
 なお、「保温時間○○分以上」のときは○○分より長く加熱しても大丈夫です。
 ただし「保温時間○○分」のときは、長く加熱してはいけないので即取り出してください。

次にシャトルシェフを扱う上での注意点を書きます

1.絶対に保温容器を火にかけない!

・溶けて全て壊れます

2.煮汁は材料がかぶるぐらいの多さで

・少ないとうまく調理できません

3.材料を炒めるときは、できれば他のフライパンなどで

・直接調理鍋で炒めると結構焦げ付きます

4.味付けは完成型を想定して

・煮汁が煮つまらないので、出来上がりの味の濃さで丁度です。
(直火で煮詰めるときは別です。)

5.なるべくふたを途中で開けない

・熱が逃げて冷めてしまいます

6.長時間加熱するときは再加熱を

・8時間以上加熱すると冷めてきます。
 そのときは再加熱するか、いったん冷まして冷蔵庫などに入れて下さい。
 くれぐれもそのまま保温容器のなかで放置しないで下さい。
 確実に腐ってしまいます。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://seiuchitei.blog119.fc2.com/tb.php/4-5da6b61d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。